【povo2.0】結局新料金プランは結局安いの!?お得なの!?どういう人向けか調べてみた

スポンサーリンク
未分類

auが携帯の新料金プラン「povo2.0」を提供開始すると発表がありました。
プランの詳細を調べてみました。

povo2.0の詳細

利用可能時期

2021年9月下旬(予定)です。まだ確定日は決まっていません。
9月29日9時より提供開始に決定しました。

料金プラン

基本料金は0円/月です。
この状態でも通話とデータ通信は可能です。その場合の通話料と通信速度は以下になります。
通信速度はテキストの送受信であればギリギリ可能。ネット閲覧は厳しいくらいだと思います。

国内通話料:税込22円/30秒
通信速度:最大128kbps

これにトッピングという有料プランを、利用用途に合わせた組み合わせを自身で選択するといった新しい形態です。
それぞれどういうトッピングがあるのかみていきます。

データトッピング

通信量を以下の項目から選択することができます。基本料金に含まれる通信量だと使い物にならないので、Wifiがない環境で利用する場合はこのトッピングから選択することになります。
例えば、旅行などで外出するときに1日だけデータ使い放題の330円/24時間を選択するといったことが可能です。
ずっと在宅でWifi環境で利用するためトッピングを追加しなければ0円です。

通話トッピング

通話をよくかける月の場合は通話トッピングがおすすめです。
あまり通話をしない人は不要でしょう。通話トッピングを選択しなくても通話をすることはできます。
その場合、国内通話量が「税込22円/30秒」かかります。

コンテンツトッピング

「DAZN」と「smash.」は使い放題パックがあります。

利用ケースに応じたトッピング例

ケース1:通話メインで普段はネット環境を使わない場合

例えば、高齢者などでスマホは通話しか使わない、通話も短時間5分以内しか使わないケース

データトッピング:なし
通話トッピング:5分以内かけ放題(550円/月)
コンテンツトッピング:なし
合計金額: 550円/月

ケース2:普段は在宅でWifiメイン。旅行で2日使い放題にしたい

普段は在宅でWifiメイン。ちょっとした外出用に月3GBほどほしい。旅行の予定があり2日は使い放題にしたい

データトッピング:データ3GB追加(990円/30日)、データ使い放題(330円/日)x2
通話トッピング:なし
コンテンツトッピング:なし
合計金額: 1650円/月

ケース3:半年間はデータ通信量が多く発生するから多めにとっておきたい

普段は在宅でWifiメイン。ちょっとした外出用に月3GBほどほしい。旅行の予定があり2日は使い放題にしたい

データトッピング:データ150GB追加(12980円/180日)
         月あたりの平均は「データ30GB(約2160円/月)」
通話トッピング:なし
コンテンツトッピング:なし
合計金額: 約2160円/月 支払いは最初に一括になります。

他のキャリアプランと比較

povo2.0povo1.0ahamoLINEMO
基本料金0円2480円2700円2480円/900円
データ量トッピングメニューによる20GB20GB20GB/3GB
データ追加データ使い放題 300円/24時間
1GB 355円/7日間
3GB 900円/30日間
20GB 2455円/30日間
60GB 5900円/90日間
150GB 11800円/180日間
500円/1GB
200円/使い放題24時間
500円/1GB500円/1GB
データ量超過後最大128kbps最大1Mbps最大1Mbps最大1Mbps/最大300kbps
通話料20円/30秒20円/30秒1回5分無料
5分以上は20円/30秒
20円/30秒
通話オプション5分無料500円/月
かけ放題1500円/月
5分無料500円
かけ放題1500円
かけ放題1000円5分無料500円
かけ放題1500円
その他DAZN 691円/7日間
smash. 200円/24時間
トッピングメニューで自由に切り替え可能
LINE通話、LINEトーク無料

povo2.0で他サービスのデータ量の月20GBを利用するのであれば、「150GB 11800円/180日間」のトッピングメニューを選択すれば、月平均25GBで少し増えた上に、約1970円/月になるので少しお得になります。

povoの魅力はトッピングメニューでそのときに応じたプランを選択できることが強みです。
データ通信量が多い月は多めのトッピングを、少ない月はトッピングを少なくして価格を抑えることがでいます。
他のサービスは毎月固定金額が必要になってきますのでできません。
月に応じて自分でデータ通信量をコントロールできるのであればpovo2.0をお勧めします。

ギガ活でデータ通信量が獲得できる

ギガ活でデータ通信量が獲得できます。

対象店舗で「au Pay」で買い物をするとデータ通信量がプレゼントされるサービスです。
うまく使えば、トッピングメニューの節約になりそうですね。
2021/9/13時点の対象店舗です。時期によって変更があるかもしれません。

povo2.0の注意点

povo2.0に変えることで注意点もあるので、紹介します。

注意点1:180日間トッピングを購入実績がないと自動解約になる

最後にトッピングメニューを購入してから180日間購入しない場合、自動解約になる可能性があります。ですので、基本使用料0円でずっと使い続けられるわけではないので注意です。

注意点2:トッピングの自動更新はされない

例えば、「データ3GBの30日間」のトッピングを購入した場合、31日目に自動で切れます。
継続して利用したい場合は、再度購入する必要があります。

自動更新されないので、余計な金額がかからないのはメリットですが、同じ条件で利用したい場合再度購入手続きをするのは手間ですね。

注意点3:LINEで友達検索ができない

LINEで年齢認証が非対応になります。
これによってLINEで友達検索(ID検索、電話番号検索)ができなくなります。
LINEで友達追加するときはQRコードなどを利用する必要があります。

結局povo2.0はお得なの?

毎月のデータ通信量を自分でこまめに管理できるのであればお得だと思います。
毎月の変更や、いちいち管理するのは面倒くさいという方にはあまり向いていないサービスだと思います。

金額だけでみれば十分お得なサービスなので、トッピングする手間と天秤にかけてみるとよいでしょう。

未分類
スポンサーリンク
ゆはびぃぃぃぃむ!!
タイトルとURLをコピーしました