[AppleWatch] 睡眠モードを使って快適な目覚めを管理する

スポンサーリンク
Apple

iOS14とwatchOS7で追加された「睡眠モード」を使って、快適に目覚める方法を紹介します。

やりたいこと

  1. AppleWatchを使って手首の振動だけで快適に目覚める
  2. 寝ているときにiPhone,AppleWatchに通知をこないようにして、睡眠を邪魔されないようにする
  3. 毎日の睡眠時間をスケジューリングし、規則正しい睡眠を行う

「睡眠モード」とは

iOS14とwatchOS7で追加された機能です。
できることはこんな感じです。

睡眠モードでできること
  • 毎日の睡眠時間をスケジュールできる
  • 就寝時間前に通知で知らせてくれる
  • 起床時間にアラームで起こしてくれる
  • 睡眠時間の履歴をみることができる

睡眠時間の履歴は「AutoSleep」というアプリを私は利用しており、睡眠モードでは使っていないです。

「睡眠モード」とAppleWatchを組み合わせることで快適な睡眠ライフを送れるので、おすすめの設定を紹介します。

設定方法

1.AppleWatchを消音モードに設定する

AppleWatchのコントロールセンターを開いて、消音モードをONにします。
AppleWatch装着中は、バイブレーションで通知がわかるので、常に消音モードで問題ないと思います。

2.AppleWatchのバイブレーションの設定をする

AppleWatchで「設定アプリ」を開き、「サウンドと触覚」を選択

「触覚による通知」をオンにします。
「デフォルト」か「はっきり」を選びます。AppleWatchを装着した状態でお好みで選択してください。

3.睡眠モードでスケジュールする

iPhoneで「ヘルスケアアプリ」を開く → ブラウズタブを選択 → 睡眠を選択

「通常スケジュールとオプション」を選択

通常スケジュールで毎日の「就寝時刻」「起床時刻」を設定します。
曜日毎に設定が可能です。
私は平日は「00:00-07:30」、休日は「01:00-09:00」に設定しています。

スクロールし、「オプション」を選択

「自動的にオンにする」「睡眠リマインダー」をオンにします。
「自動的にオンにする」をオンにすることで、さきほど設定した就寝時刻になると自動的に「睡眠モード」になります。自動的に「おやすみモード」もオンになるので、睡眠時間中は通知こないようになります。
※「おやすみモード」の通知をカスタマイズしたい場合は別途「おやすみモード」の設定を変更してください
「睡眠リマインダー」をオンにすることで、就寝時刻の少し前になると寝る時間を通知してもらえます。

4.「アラームアプリ」を開き設定を確認する

アラームアプリを開くと「睡眠|起床」の項目に翌日の起床時刻でアラームが設定されていれば完了です。AppleWatchをつけた状態で寝ることで、起床時間に手首のバイブレーションのみで起きることができます。

AppleAppleWatch
スポンサーリンク
ゆはびぃぃぃぃむ!!
タイトルとURLをコピーしました