Hyper-V有効化でPC起動時にブルースクリーンになったときの対処法

スポンサーリンク
プログラミング

Hyper-V有効化したときにPCを起動すると必ずブルースクリーンが発生してしまいました。

以下のような現象です。
Hyper-V有効化は、ブルースクリーン発生する
Hyper-V無効化は、ブルースクリーン発生しない

以下のコマンドでHyper-V有効化にしたことがトリガーで発生しました。

bcdedit /set hypervisorlaunchtype auto

対処法

Hyper-Vを使わないなら無効にする

Hyper-Vを使わないなら無効にすればエラー回避できます。

Hyper-V無効化のコマンド

bcdedit /set hypervisorlaunchtype off

VirtualBoxが自動起動になっていないか確認

Hyper-Vを使うのであれば、Hyper-VはONのままで、
VirtualBoxがWindows起動と同時に起動する設定になっていないか確認してください。
なっている場合はOFFにして再度Windowsを起動してください。

PowerShellでHyper-VをONにする

上記2つを実施してもエラーが発生する場合、
PowerShellでHyper-VをONにしてみてください。

PowerShellを管理者権限で実行して、以下コマンドを実行します。

$ Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Hyper-V -All

プログラミング
スポンサーリンク
ゆはびぃぃぃぃむ!!
タイトルとURLをコピーしました