【AirPods】空間オーディオを擬似的に発生させてすべてのサービスで体感できるのが凄い

スポンサーリンク
Apple

みなさん空間オーディオ体感したことありますか?
これ凄いです。文章で伝えづらいのですが、音が立体的になって躍動感が溢れます。

iOS14までは一部サービスしか使えなかったのですが、iOS15からはすべてのサービスで使えるようになったので、その方法を紹介します。

空間オーディオとは?

空間オーディオとは、聴覚に立体的な感覚をもたらす技術体系の総称のことです。

まるで映画館!?その場で人が話している!?ような感覚になるような体感ができます。
空間オーディオを利用すると、動画や音楽をより一層楽しめます。

空間オーディオを使えるイヤホンは?

AirPodsで空間オーディオを利用できます。
注意してほしいのは普通のAirPodsだと利用できないという点です。

「AirPods Pro」「AirPods Pro Max」が必要になります。

また他にも古い端末やOSバージョンなど利用できる条件があります。

その他の条件
  • iPhone 7 以降または以下に該当するモデルの iPad:
    • iPad Pro 12.9 インチ (第 3 世代) 以降
    • iPad Pro 11 インチ
    • iPad Air (第 3 世代) 以降
    • iPad (第 6 世代) 以降
    • iPad mini (第 5 世代) 以降
  • iOS または iPadOS 14 以降
  • tvOS 15 を搭載した Apple TV 4K
  • この機能に対応した App のオーディオビジュアルコンテンツ

対応しているサービスは?

Apple TV+とNetfrixのみ正式対応しています。
iOS14までの場合は上記のサービスのみでしか利用できませんでした。

が、iOS15の神アップデートによってすべてのサービスで擬似的に利用することができました。

これで、Youtube,AmazonMusic,AmazonPrimeVideo,Spotifyなど動画や音楽を再生するアプリはすべて使えるようになります!

特徴として、デバイスの向きを検知して音の聴こえ方が変わります。首を動かしたりすると変化をより感じることができます。

空間オーディオを使い方は?

利用しているデバイスをiOS15以上にアップデートしましょう

設定アプリを開いて、「一般」を押します。
システムバージョンで確認できますので、15より小さいバージョンの場合はアップデートしてください。

AirPodsを接続して、音楽再生状態で空間オーディオをONにする

①画面右上からコントロールセンタを表示します。

②AirPodsのアイコンを長押しし、ON/OFFを切り替えます

空間オーディオをON状態で動画、音楽を楽しみます。

ON状態にしたまま動画、音楽サービスに戻ることで楽しむことができます。

まとめ

個人的には、iOS15で一番の神アップデートだと思っています。
これを知ってしまうと普通の音源には戻れなくなってしまいました笑

Apple
スポンサーリンク
ゆはびぃぃぃぃむ!!
タイトルとURLをコピーしました