【AutoSleep】呼吸数を表示できない解決方法

スポンサーリンク
AppleWatch

「WatchOS 8」のアップデートで睡眠モニタリング機能が強化されました。
これまでの睡眠時間や心拍数、血中酸素に加え睡眠時の呼吸数を記録できるようになりました。

「AutoSleep」もグラフに睡眠が表示できるようになりましが、有効にするとエラーが表示されます。
解決方法を紹介します。

呼吸数を表示しようとすると発生するエラー内容

グラフ上で呼吸にチェックをつけると以下のようなエラーが表示されます。

呼吸数を表示するための設定方法

このようなエラーが表示された場合は、ヘルスケアの設定を見直すことでチェックが可能になります。

① ヘルケアアプリを開いて、「呼吸数」をONにする

② 呼吸にチェックをつけるとエラーが表示されずにチェックがつきます。
※エラーが表示される場合は「AutoSleepアプリ」を再起動してください。

まとめ

AutoSleepアプリで呼吸数を表示できないエラー解決方法を紹介しました。

AppleWatch
スポンサーリンク
ゆはびぃぃぃぃむ!!
タイトルとURLをコピーしました