[AppleWatch] サイズ選び 40mm OR 44mm おすすめは?

スポンサーリンク
Apple

AppleWatchのサイズ選び、悩むと思います。
サイズによる比較をしましたので参考にしてください。

おすすめは?

結論

「選べません」

40mm, 44mm どちらも良いところがあるので、一概にこちらがおすすめはできないです。
下記、記事にいろいろと比較するので、読んだ上でどちらにするかを選択してください。

記事のまとめを以下に載せます。

  • 試着できる場合は、試着して「好み」で決める
  • 40mmのメリット
    • 重量が軽い
    • 値段が安い
    • ソロループ、ブレイデッドソロループのサイズが1~3を選べる
    • モダンバックルを選べる
  • 44mmのメリット
    • 文字盤が大きくて操作がしやすい
    • 表示できる文字数が多い
    • ソロループ、ブレイデッドソロループのサイズが10~12を選べる
    • レザーループを選べる

サイズについて

40mm=女性用、44mm=男性用だというわけではありません。
男性でも40mm、女性でも44mmをつけても問題ありません。
私は男性ですが、40mmを使用しています。

40mmは、フォーマルな服装に似合う
44mmは、カジュアルな服装に似合う
と思います。

手首の太さによって、印象が変わってしまうので、実際は試着をしてみて好みで選んだほうがよいです。
しかし、試着ができない場合もありますので、サイズについての説明をします。

40mm,44mmは縦の長さになります。


手首の長さによって推奨サイズが公式に記載があります。

見た目以外の違いは?

見た目以外にも違いはあります。

価格

以下は「Series6」の例です。
税込価格で約3000円の違いがあります。

重さ

44mmは40mmに比べると、 約7gの重量の違いがあります。
常に装着しているものなので、重さの違いが大きいです。

文字盤の操作しやすさ

44mmのほうが文字盤が大きいので、操作はしやすいです。
しかし、40mmでも操作はしづらいといった印象はないです。

ソロループ、ブレイデッドソロループで選べるサイズが違う

ソロループ、ブレイデッドソロループで選べるバンドサイズに違いがあります。
40mmは1~9。44mmは4~12です。
サイズが
1~3(腕の太さが130~150mm)の人は40mm
10~12(腕の太さが190~)の人は44mm

を選ぶことになります。

選べるバンドの種類が違う

レザーのバンドで選べる種類が異なります。
モダンバックルは40mmのみ
レザーループは44mmのみ

です。

画面に表示可能な文字数

画面に表示可能な文字数が違います。
通知などで画面表示できる文字数が44mmのほうが多いです。
文字数が多いと40mmの場合はスクロールしないといけなくなります。

まとめ

  • 試着できる場合は、試着して「好み」で決める
  • 40mmのメリット
    • 重量が軽い
    • 値段が安い
    • ソロループ、ブレイデッドソロループのサイズが1~3を選べる
    • モダンバックルを選べる
  • 44mmのメリット
    • 文字盤が大きくて操作がしやすい
    • 表示できる文字数が多い
    • ソロループ、ブレイデッドソロループのサイズが10~12を選べる
    • レザーループを選べる
タイトルとURLをコピーしました